トップへ戻る
カラーミーショップ大賞ノミネート2017
AP3九谷焼無料カタログ送付
ラッピング無料サービス
商品検索
メディア掲載情報
雑誌ギフト特集に紹介

当店商品が雑誌「ポコチェ」10月号に『御祝いギフト特集』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
雑誌注目の最旬ニュース

当店商品が雑誌「ポコチェ」1月号に『注目の最旬ニュースアイテム』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
日本ネット経済新聞

日本ネット経済新聞「こだわりの逸品 特産品EC」コーナーにて当店が紹介されました。

紹介記事はこちら→
産経新聞

当店商品が 2018年3月22日 産経新聞「和食の真髄」特集にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録はこちら
メールマガジン
rss atom
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
は定休日となります。

九谷焼の制作工程

Production Process

九谷焼を作る工程のご紹介をいたします。
職人や作家が精魂込めて一つの作品を完成させています。受け継がれた伝統の技をどうぞご覧ください。

STEP1.砕石・粉砕

石川県小松市や山中町の陶石場で九谷焼の陶石を採石。

陶石を細かく粉末にする。

STEP2.水簸・土もみ

余分な水分を除き、陶石の中の不純物や鉄分を除去する。

焼成後のひび・ひずみの原因となる空気泡を抜くため杯土を練り上げる。

STEP4.乾燥・仕上

天日や乾燥機で乾燥させ、半乾きの状態で、高台削り、外側削り、縁仕上げなど細かい仕上げを行う。

STEP5.素焼き

約8時間かけて、約800℃で焼成し、ねずみ色の土が肌色の素地となって焼き上がる。

STEP6.下絵付け

主成分が酸化コバルトの染付呉須(藍色)で絵を施す。一般には染付と呼ばれる。

STEP7.釉薬

素焼きの表面に均等に釉薬がけを行う。釉薬は焼成後、ガラス質で透明となり、陶磁器表面を覆う。

STEP8.本窯(本焼き)

現在の多くはガス窯で工業化され、約1300℃の高熱で約15時間焼成する。

STEP9.上絵付

呉須(ごす)による骨描きから始まり、九谷五彩を中心とした上絵の具による彩色を施す。

作家それぞれの絵付け技法を用い、独自の加飾を行っていく。

STEP10.上絵窯

上絵付したものを約800℃前後で、上絵窯を使い焼成する。

商品によって、4時間から最大で10時間程焼成し、仕上げます

完成
TOPに戻る