トップへ戻る
カラーミーショップ大賞ノミネート2017
ラッピング無料サービス

- 特設サイト -

ハレクタニ 公式サイト
九谷焼 ディズニー 公式サイト
商品検索
AP3九谷焼無料カタログ送付
メディア掲載情報
雑誌ギフト特集に紹介

当店商品が雑誌「ポコチェ」10月号に『御祝いギフト特集』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
雑誌注目の最旬ニュース

当店商品が雑誌「ポコチェ」1月号に『注目の最旬ニュースアイテム』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
日本ネット経済新聞

日本ネット経済新聞「こだわりの逸品 特産品EC」コーナーにて当店が紹介されました。

紹介記事はこちら→
産経新聞

当店商品が 2018年3月22日 産経新聞「和食の真髄」特集にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録はこちら
メールマガジン
rss atom
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
は定休日となります。

テーブルコーディネート

Table coordinate

男の料理と器とお酒

テーブルコーディネーター 仲村亜佑美

2019-5-10

家族ができて、いろんな方のお宅にホームパーティーで お呼ばれするようになりました。 そこで驚くのが、男性陣の料理の腕前。 「メインのローストビーフはパパが作ったー!」 「今日は旦那さんがスペアリブ担当。」 「夜ごはんは彼氏が結構作ってくれます。」 私の周りにはそんな男性たちがちらほらいます。 そして、そういう人たちは決まって、 自分が作った肉料理にあわせて一人でお酒を注いで、 食事を楽しんでいる印象があります。 男の料理って、大皿に盛るような味付けの濃い食事や、 肉料理、カレーというイメージはありませんか? 自分で作った料理を器にサッと盛って、ゆったり晩酌を楽しむ。 そんな今の時代に合うスタイリッシュな男性が作るテーブルに、 シックな柄の九谷焼の器はとてもおすすめです。

Tableコーディネーター

仲村亜佑美

Ayumi Nakamura

Profile /プロフィール

1985年生まれ 新卒で経営コンサルティング会社に入社。その後、ブライダルフラワーコーディネーターに転職。 自身担当100件以上、年間400件の新郎新婦の結婚式のトータルコーディネートに携わる。 同時にFSPJテーブルコーディネートスクールで基礎からテーブルコーディネートを習得。 現在はブライダル業界を離れ、1児の女児を出産後、教育研修会社にて働きながら、 「日常の中にある彩りのある暮らし」をパラレルキャリアで発信中。 『食べるプラス』という主婦向けメディアにてライターも担当。 インテリアコーディネーター・ライフオーガナイザー資格を保有し、 暮らしトータルから見たコーディネートを得意とする。

インスタグラム ayumi_luxe
>>https://www.instagram.com/ayumi_luxe