トップへ戻る

AP3九谷焼無料カタログ送付
ラッピング無料サービス
商品検索
商品カテゴリー
メディア掲載情報
雑誌ギフト特集に紹介

当店商品が雑誌「ポコチェ」10月号に『御祝いギフト特集』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
雑誌注目の最旬ニュース

当店商品が雑誌「ポコチェ」1月号に『注目の最旬ニュースアイテム』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録はこちら
メールマガジン
rss atom
2016年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2016年10月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
は定休日となります。

敬老・長寿の贈り物

敬老・長寿の贈り物

主な敬老・長寿の御祝い一覧

還暦祝い 数え年で61歳を迎えたことをお祝いする行事。
古希祝い 数え年で70歳を迎えたことをお祝いする行事。
喜寿祝い 数え年で77歳を迎えたことをお祝いする行事。
傘寿祝い 数え年で80歳を迎えたことをお祝いする行事。
米寿祝い 数え年で88歳を迎えたことをお祝いする行事。
卒寿祝い 数え年で99歳を迎えたことをお祝いする行事。
百寿祝い 数え年で100歳を迎えたことをお祝いする行事。
その他、誕生日プレゼント・記念日など
 

敬老・長寿の贈り物ギフトサービス


「賀寿」のお祝い時期に関して

賀寿の御祝いは、昔から「数え年」で行うのが一般的です。
例えば、米寿の御祝いの場合、満87歳になり、元旦を迎えれば、数え年で88歳になりますので、それ以降にお祝いされるとよいです。

しかしながら、最近では数え年を意識する方も少なくなってきていますので、満年齢88歳になってから米寿祝いをされるケースも増えてきています。
よって、米寿祝いは、満87歳(数え年88歳)でも満88歳でもどちらのタイミングでもよく、ご本人様が喜ぶ、お祝いしやすい時期にてなさってください。

「還暦祝い」の時期に関して

賀寿の中で還暦祝いだけは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ってからの御祝いとなり、満60歳(数え年の61歳)でお祝いします。

満60歳の誕生祝いを兼ねてお祝いをするのが一般的ですが、皆さんが集まりやすい、連休などにお祝いすることも多いです。


メッセージ

※ギフト包装、熨斗、メッセージカードの作成も無料サービスで承っております。

熨斗の但し書き例一覧はこちら →