トップへ戻る

AP3九谷焼無料カタログ送付
ラッピング無料サービス
商品検索
商品カテゴリー
メディア掲載情報
雑誌ギフト特集に紹介

当店商品が雑誌「ポコチェ」10月号に『御祝いギフト特集』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
雑誌注目の最旬ニュース

当店商品が雑誌「ポコチェ」1月号に『注目の最旬ニュースアイテム』にご掲載頂きました。

掲載商品はこちら→
会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録はこちら
メールマガジン
rss atom
2016年7月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2016年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
は定休日となります。

内祝い・お返し

内祝い・お返し

感謝の気持ちを贈る内祝い

内祝いとは?


内祝いとは、内(家)でおめでたいことがあった際に、ご報告もかねてお祝いの贈答品を渡し、相手と喜びを 分かち合うことが本来の意味です。ただ、現在ではお祝いを頂いてからお返しに贈答品を渡すことが、内祝いの意味として一般的になっています。

内祝いには、結婚内祝い・出産内祝い・入学内祝い、新築内祝い、快気祝いなどがあります。
お祝いをいただいた感謝の気持ちを、「ありがとう。これからもよろしく。」という心を込めてお返しします。

内祝い・お返しギフト包装


内祝いを贈る時期と相場

内祝いは、お祝いを頂いてから、1〜2週間程度でお礼の品を贈るのがベストです。
多少日にちが空いても問題はありませんが、忘れた頃に・・・などと、遅くなり過ぎないようにしましょう。

また、一般的な相場ではありますが、お祝いに頂いた額の1/2程の金額のものを贈られる場合が多いです。
ただ、高額なお祝いを頂いた場合などは、1/3程の金額で贈られると良いと思います。

あくまで目安ですので、相手に感謝の気持ちを伝えることを、第一優先にされてください。

内祝いの熨斗(のし)に関して

のしには、「結び切り」と「蝶結び」ののしがありますが、内祝いの場合用途によって使い分けます。
「結び切り」は、一度結んだら引っ張ってもほどけない固結びを指し、「二度と繰り返さない」願いがこもっていますので、結婚内祝い・快気祝いの際に使用します。

「蝶結び」は、ほどいて何度でも結び直せることを指し、「繰り返して良い祝い事」の際に使用し、出産内祝い・入学内祝い、新築内祝いなど、結婚・快気以外の内祝い全てに使用します。

出産の内祝いの場合、熨斗の表書き下部には、報告もかねてお子様の名前を入れましょう。
お子様のふりがなもふっておくと、しっかり読み方も覚えていただけるでしょう。
その他の内祝いは、ご自身の名字や名前を入れられると良いです。

メッセージ

※ギフト包装、熨斗、メッセージカードの作成も無料サービスで承っております。

熨斗の但し書き例一覧はこちら →